大工です、人は見かけによりません


by dczdblrkqp

カテゴリ:未分類( 73 )

 三重県松阪市は5日、2人目の副市長を全国公募すると発表した。斬新な視点を持った人材の登用が狙いで、記者会見した山中光茂市長は「深い見識と豊かな発想、行動力がある熱意の持ち主を求めたい」と話した。

 応募資格は日本国籍を持つ25歳以上で、性別や学歴は不問。「経験を生かして松阪市に貢献できること」(5000字以内)と、「女性」か「男性」のいずれか(ともに2000字以内)をテーマにした論文をそれぞれ提出する。

 市長と有識者ら6人で設置する選考委員会が書類審査で候補者を絞り、市民に公開した2次選考会で選定、今年6月ごろの就任を予定している。給与・手当は年額約964万円を支給する。詳しい要項と応募用紙の入手は松阪市のホームページhttp://www.city.matsusaka.mie.jp【橋本明】

2010婚活の年
お歳暮の選び方
競馬情報
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
債務整理
[PR]
by dczdblrkqp | 2010-01-12 12:50
 政府はこのほど、「新成長戦略」の基本方針を決定した。新たな需要の創造によって雇用を生み、国民生活の向上を目指す。「高い成長と雇用創出が見込める」として、成長けん引産業と明確に位置付けた医療・介護分野では、2020年までに新規雇用約280万人、新規市場約45兆円を創出することを目標として掲げた。

 「輝きのある日本へ」と題した新成長戦略の基本方針では、重点分野として、▽健康▽環境・エネルギー▽アジア▽観光・地域活性化▽科学・技術▽雇用・人材―の6分野を挙げた。

 医療・介護など健康分野では、サービスの基盤強化を柱の一つとして挙げた。具体的には、医師の養成数を増やすとともに、勤務環境や処遇を改善することにより、勤務医や医療・介護従事者を確保する。医療機関の機能分化や高度・専門的医療の集約化、介護施設や居住系サービスの増加を加速させ、質の高い医療・介護サービスを安定的に供給できる体制の整備を目指す。

 また、日本発の革新的な医薬品、医療・介護技術の研究開発促進も盛り込んだ。創薬ベンチャーの育成を推進するほか、新薬や再生医療などの先端医療技術、情報通信技術による遠隔医療システム、医療・介護ロボットなどの研究開発や実用化を促進する。そのため、ドラッグラグやデバイスラグの解消を喫緊の課題と指摘しており、治験環境の整備や承認審査の迅速化を進める。

 さらに、高齢者が住み慣れた地域で暮らすため、地域主導で地域医療の再生を図ることが重要と指摘。その上で、医療・介護・健康関連サービス提供者のネットワーク化による連携や、情報通信技術を活用した在宅での生活支援ツールの整備などを進めるとした。

 このほか、今後独居や介護が必要な高齢者が増加することを踏まえ、バリアフリー化された住宅の供給を促進することや、アジア市場での医療関連サービスの展開や医薬品などの海外販売を促進することなども盛り込まれている。

 政府はこの方針を基に、具体的な政策を盛り込んだ「新成長戦略」を今年6月をめどに取りまとめる。その際に、今後実現すべき目標を時系列で示した「成長戦略実行計画(工程表)」を併せて策定する方針。


【関連記事】
大学病院機能強化と人材確保対策に68億円―文科省予算案
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省
社会保障関係費が5割以上―来年度予算案を閣議決定
4割が有料老人ホームに入居できず―2035年、経済的理由で
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版

まさひろのブログ
いつでも、元気な歯科医です。
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
現金化口コミ
[PR]
by dczdblrkqp | 2010-01-09 14:49
 ポーランド南東部のデボン紀中期(約3億9500万年前)の地層から、4本足で歩いた最古の動物が付けたとみられる足跡化石を、ワルシャワ大とスウェーデン・ウプサラ大が発見した。これまでの四足歩行動物の化石の記録は、不完全なものを含めて約3億7700万年前だった。脊椎(せきつい)動物は4本足を得て海から陸へ上がり、現在の多様性を持つようになった。進化の過程を探る発見として注目されそうだ。7日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 研究チームはしっぽを引きずった痕跡がなく、左右に体をくねらせて歩いた様子がうかがえることから、4本足で歩いたと結論づけた。発見した足跡化石は400個以上で、何歩も続けて歩いた跡があった。また、足跡のサイズも長さ数センチ〜数十センチと多様で、歩幅や指の数も異なるため、複数の種類が存在していたとみられる。

 このうち幅約20センチ、長さ約40センチの範囲に9歩の足跡を残した個体は全長40〜50センチと推定。別の化石では、一つの足の幅が最大26センチで、全長2.5メートルに達していた可能性があるとみている。

 魚類は、前後のひれが前脚と後ろ脚になり、両生類に進化して陸へ上がった。今回見つかった化石の動物も、両生類の祖先だったと考えられる。

 化石が見つかった地層の場所は、堆積(たいせき)状況から、当時は浅い海だったとみられる。研究チームは「干潮時に浜辺に残った魚などを得ようとしたことが、陸へ上がるのに必要な四足歩行の進化を促した」と推定している。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「魚が陸へ上がるきっかけを考える上で興味深い。この時代に種が多様化していることを考えると、四足歩行の起源はより古い可能性がある」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
恐竜:原始的な鳥の呼吸器官 新種の化石から発見…米大学
恐竜:毒牙で餌を狩る?…白亜紀前期のシノルニトサウルス
地球温暖化:「化石燃料恐竜」を製作、展示 防止訴える
シーラカンス:稚魚の撮影に成功…世界初 福島の水族館
5歳の幼稚園児が「恐竜検定」3級合格! 将来は「生物学者に」

l6qzxwvhのブログ
e9o622jvのブログ
即日現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by dczdblrkqp | 2010-01-08 20:40